セクショニング

ドレッドヘアをつくる際、まず最初に髪を頭皮上で複数の小さな四角形状に区切り、それぞれをゴムでまとめていきます。これを「セクショング」(Sectioning)と言います。ドレッドの位置やおおかたの太さを決める過程です(※)。

できあがった小さな区切りひとつ分の髪の毛が、1本のドレッドになります。基本的には、ひと区切りのサイズが大きいほど太くなり、小さいほど細くなります。

ただし、髪質・密度・作り方によって太さに個人差がでてくるため「ひと区切りの大きさを何cmにすれば太さ何cmのドレッドになる」と、一概に言うことはできません。

美容院でドレッドを作ってもらう際は、仕上がりの太さなど、事前に美容師さんとよく相談しておきましょう。

Wired And Stonedさんによるセクショニング動画

ちなみに、区切る形は正方形がメジャーですが、長方形・三角形・ホームベース型などにすることもあります。

フリーフォームでドレッドを作る場合は、自然にまかせて髪をドレッド化させるため、セクショニングをしません。

☆他に調べたい用語があるときは「ドレッド用語集」を参考にどうぞ。

このサイトをフォローする!