ドレッド&ミュージック3-Bark at the moon

ドレッド&ミュージック3 Dreadlocks and music Bark at the moon

みなさんお元気ですか?今日は、ドレッドヘアのミュージシャンが演奏する良い曲の紹介です。選考基準は管理人の独断と偏見です(笑)。

曲は「Bark at the moon」。メタルゴッド、オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)のオリジナルを、アメリカのメタルコアバンド Shadows Fall がカバーしているバージョンです。動画もあるので、良かったらお楽しみください♪

いつもは深刻なイメージが…

Bark at the moon」はキャッチーであまり考えずにノレる上に、ほんのり叙情的なところが好きです。

管理人はもともと原曲が好きだしオジーが好きなのですが、このバージョンは、基本的に原曲に忠実でありつつも、音がヘヴィーになっていて、好カバーだと思います。

ビデオもちゃんとオリジナルのパロディーになっていて、いつもは深刻なイメージの Shadows Fall が、オチャラケているところが管理人のツボです。

ブライアン・フェア(ヴォーカル)の声質やスタイルはオジータイプではありませんが、あまり緩急をつけず気持ちで歌うようなところ(←褒めてます..笑)は共通していて、これまた好みです。

管理人は、高音から低音までテクニカルに歌い上げるスタイルよりも、多少ズレたり割れたりしても、感情や本人らしさでいくスタイルの方が好きなのです。

ドレッドヘアについて

ドレッドにしているのは、ヴォーカリストのブライアン・フェア(Brian Fair)。フリーフォーム(※)で自作したロングドレッドです。太さや長さがバラバラ、ところどころから普通の毛も出ていて、かなり野生的です。ライブでこのドレッドを振り乱している様子は迫力!

※ドレッドの作り方のひとつ。お金もかからず自分で出来ます。どんな髪質でもOK。頭皮と髪を清潔に保ち、一切のブラッシングをやめ、自然に髪をドレッド化させる方法です。詳しいやり方はフリーフォーム参照。

↑Bark at the moon-Shadows Fall

↑ちなみにこっちがオリジナルです。

むすび

いかがでしたか?

ブライアン・フェアのフリーフォームドレッドは、20年以上つづけているそうです。管理人のドレッドもフリーフォームだし、いつかこんな感じになったらな…と憧れます。もともと髪がそれほど多くないので、同じようにはならないとは思いますが(笑)※管理人のドレッドについて詳細は「普通の髪がドレッド化する過程」参照。

というわけで、また次回までお元気で♪

このサイトをフォローする!