ドレッドは冷水のみで洗える!?

ドレッドヘアは冷水で洗髪できる!? About dreadlocks coldwater washing

ドレッド経験者のみなさんはご存知のとおり、夏のドレッドはとても暑いものです。いつもはお湯で洗っているドレッドも、夏だけは冷水で洗いたいもの。しかし、ドレッドは冷水で洗えるものなのでしょうか?

ドレッドは冷水で洗ってもOK!?

ドレッドを冷水のみで洗うことは可能です

ドレッドは冷水だけで洗うことができます。ただし、メリットとデメリットがあるので、おさえておきましょう。

メリット

冷水でドレッドを洗うメリット Dreadlocks coldwater washing pros

  • 冷たく気分爽快になれる
  • お湯よりも、頭皮と髪に潤いが残りやすい傾向があるため、乾燥過剰が気になっている人には調度よい。

デメリット

冷水でドレッドを洗うデメリット Dreadlocks coldwater washing cons

  • お湯よりも汚れを落とす力が弱いため、脂分などが残りやすい。

デメリットをふまえた上で最も良い冷水洗髪方法は?

メリットとデメリットをふまえてドレッドを冷水洗髪するには?

では、デメリットをふまえた上で、冷水洗いを行うには、どうすれば良いのでしょう?次の対策をご覧ください。

  • 通常洗髪した後、冷水で洗う
    まず、いつものようにお湯や石鹸で洗髪し、それから冷水で洗います。そうすれば、お湯の洗浄力で清潔さを保ちつつ、冷たい水の爽快感も味わえます。加えて、冷水の毛穴引き締め効果により、抜け毛防止につながる…という説もあります。
  • 冷水洗髪の日と通常洗髪の日を分ける
    「お湯のあと冷水とか面倒!2度手間!」という人は、冷水のみで洗う日とお湯で洗う日を分けてしまうと良いでしょう。例えば、冷水で3回洗髪したらお湯で1回…といった具合に、調整するのです。

    そうすれば、お湯洗いの日に、脂汚れなどを落とすことが出来るので、汚れの蓄積によってベタつきやニオイが…といった事態を避けられるハズです。

    または、面倒くささをちょっとだけ我慢して、冷水のみで2回洗髪したら、お湯洗髪プラス冷水洗髪(最初の対策)を1回…といった感じにする、というのもアリです。

注意点は?

急に冷水をかぶると心臓に負担がかかる場合があるので、注意しましょう。不安な人は、お湯→ぬるま湯→冷水…という感じで、徐々に温度を落としていくと良いでしょう。

また、お湯で洗っても冷水で洗っても、長い目で見れば落としきれない汚れはたまっていくものです。ときどき重曹を使い、頭皮やドレッドの奥にたまった汚れを洗い流しましょう。(くわしいやり方はドレッドヘアのお手入れ【ディープクレンジング】参照)

むすび

ドレッドヘアはとても魅力的な髪型です。しかし夏のドレッドの暑さは結構なもの…。そんな時に冷水で洗うと、とても気持ちが良いものです。お湯も上手く使いつつ、冷水でスッキリし、夏を乗り切りましょう!