ドレッドにコブができたり曲がったりしたときの対処法は!?

ドレッドにコブができたり曲がったりしたときの対策 dreadlocks bump 1

あなたのドレッドは、コブ(部分的な膨らみ)が出来たり、曲がったりしていませんか?「このままドレッドが崩れてしまうの!!?」と焦っている方は、とりあえずこのページをご覧ください。

これって異常!?

ドレッドは、湾曲したりコブができてしまうことがあります。様々なメソッドによってドレッドを作り、少し時間が経過した頃や、フリーフォームメソッドによって髪のドレッド化が進行している時など、特によく起こります。心配になるかもしれませんが、異常なことではありません。正常なことです。

ドレッドヘアのコブ dreadlocks bump

ドレッドのコブ。管理人のものです。

どうして出来るの?

そもそもドレッドは、時間の経過と共に、曲がったりコブを作ったりしながら収縮を繰り返し、その密度・強度を高め、やがて形が落ち着いて、成熟に至ります。

つまり湾曲やコブは、いたって正常なドレッドの成長過程です。

ドレッドの収縮は、全体で同時に均等に進行するワケではありません。あるドレッドの真ん中あたりで進んできたかと思うと、右下が縮みはじめて..といった感じで、ランダムに進行していきます。

そのため…例えば、あるドレッドの左側の収縮が進行し、右側がまだの場合、左側に引っ張られて曲がったり、コブが出来たり…といったことが起こるのです。

対策は?

特に何もする必要はありません。

清潔さを保ちながら放ったらかしにしておきます。時間が過ぎ、全体の収縮が落ち着いてくるに従って、コブや湾曲は目立たなくなっていきます。

収縮期間は、だいたい半年~2年ほど。ただし、髪質や生活環境などにより個人差があり、より短くなったり長くなったりします。

待ち長く感じるかもしれませんが、植物を育てているかのような感覚で、変化を楽しんでみるようにすると、ストレスを感じにくいでしょう。愛着も増します。

ちなみに、コブや曲がりが完全に消えず、名残が残ることもありますが、それも自然な個性が出て、魅力的なものです。(とりわけフリーフォーム愛好者は、その個性を尊ぶ傾向が強いです。)

しかし、できるだけまっすぐなドレッドにしたい方は、次の対策を試してみると良いでしょう。

できるだけまっすぐにしたい場合の対策

パームロール

  1. まっすぐにしたいドレッドを選ぶ
  2. 両手の平でドレッドをはさむ
  3. 拝む要領でこすりながら、根元近くから毛先まで動かしていく

↑パームロールのデモンストレーションです。

これをパームロール(パームローリング)と言います。ドレッドをまっすぐに近づけたり、飛び出した普通の毛をドレッドに絡みやすくする効果があります。特に洗髪後の髪が完全に乾いていないときに行うと有効です。

ただ、即効性はないので、勤勉かつ気長に行うことが大切です。
※フリーフォームの場合は、基本的にやりません。

編み棒

編み物に使う棒(カギ編み棒とも言われる)を使って、コブの部分をドレッド内に引き込んでいきます。

↑編み棒を使った修復のデモンストレーションです。

これで収縮が早まるというワケではありませんが、形状的にはまっすぐに近くすることが出来ます。

ただ、コブの部分が既に硬くなってしまっている場合には、行うことができません。柔らかいうちに限ります。

また、編み棒は先端が尖っているので、指をつついて怪我しないように注意しましょう。※これもフリーフォームの場合は基本的に行いません。

むすび

ということで、ドレッドの湾曲・コブなどは、成熟するまでの正しい成長過程です。心配せず、成長してる証..くらいに考えて放っておけば、落ち着いた形になり、目立たなくなります。

しかし、完全に消えずに跡が残るときもあるので、それが嫌なときは対策すると良いでしょう。

ちなみに管理人は、曲がったり少し膨らんだりした様子が、木の枝や根っこを連想させ、自然な雰囲気がするので、好意的に見て楽しんでいます。

そのあたりは、好みの問題であり、どちらが正しいということではありません。自分が最も満足できる方法を選択しましょう。